« 東南アジアへ | トップページ | お助け機構杯(2) »

お助け機構杯(1)

 国際お助け機構商会の主催による、「お助け機構杯」が開催された。場所はロンドンの王宮前の教会内。

 オデン船長とは、東南アジアや大西洋でお会いしたことがある。大西洋で遭遇したときは、造船修業のために各国を渡り歩いている最中であり、お尋ね者であったが・・・。

 諸事情により延期となっていたが、今回は万全を期しての開催となった。このために東南アジアでの冒険を一旦切り上げて、ヨーロッパへ戻ってきた。

 参加者は16名になり、対戦方法はトーナメント戦でそれぞれ一回勝負。アカデミー大会と違い負けたら終わりである。参加者の話を聞いていると冒険を生業としている人は少なそうではあったが、熊の着ぐるみをかぶっている人などもいてなかなか油断できなさそうであった。

 サイコロによる組み合わせが決まり、一回戦のお相手は、シーゲート船長。対戦ランキングでお見かけする人。1ゲーム目を落とした後、3引き分け、そして5ゲーム目はカードが悪く負け。あと2つ勝ってようやく引き分けに持ち込める状況から、なんとかぎりぎり連勝。

11

 仕切りなおしての一回戦、2試合目。2ゲーム連勝したものの、次の2ゲームをとられ、2勝2敗。そこから1勝ずつして、3勝3敗で迎えた最終ゲーム。なんとかコンボが出て、ぎりぎり勝てた。

12

 二回戦は、王陵船長。足洗邸の住人たち商会の商会長さんである。論戦は初めてと言っていたが、一回戦を勝ち抜いてきただけあって、なかなか。これも最終ゲームまでもつれ込んだところで、コンボが決まり辛くも勝利。

2_1

To be Continue.................

|

« 東南アジアへ | トップページ | お助け機構杯(2) »

「大航海時代Online」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47673/13697364

この記事へのトラックバック一覧です: お助け機構杯(1):

« 東南アジアへ | トップページ | お助け機構杯(2) »