« 2008年2月 | トップページ | 2008年7月 »

野盗頭領退治

 東南アジアの冒険も大詰めが来たところで、野盗の一団と戦うこととなった。

多勢に無勢であるものの、そこは陸上戦闘のスペシャリストであるチェ船長に

アドバイスを受けて、挑むこととなった。相棒が前衛で盾となる間に後ろから、

飛び道具を駆使する。かなりの長時間となったが、野盗頭領をはじめとする

一団を退けることができた。

Photo

 それで見つけられたものは、こんな仮面である。

Photo_2

 そして、冒険が一段落したため、ヨーロッパへ戻ってきた。

 しばらく、戦闘の腕を磨くために、商会メンバーの紹介で士官に

任官した。大型ガレオンを改造して、まずは北海へ赴任することになった。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パラケルスス杯

 初日はカード集めのため時間切れで参戦できず。

 2日目はいいデッキができたかなと思いながら参戦したものの、前半から5連敗でいいところなし。最終的に6勝止まり。とりあえず相性のよい船長にはかろうじて勝った。カードの出し方が悪くて負けたゲームは1回だけだと思うので、今回はカード運が無かった(運も実力のうち)のでしょう。

 ヨーロッパを回り、商会の納品をすませ、再びインド、東南アジアを目指そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拠点回航

 最近は副官もかなりスキルが上がってきたようで、船の操船を任せられることができるようになってきた。しかし、時間と費用をかけすぎである。先日ジャカルタからカリカットまでの航海を任せてみたのだが、時間はかかるは諸費用は高いと結構大変だった。

 まぁ、その間こちらは船を任せて、冒険のスケジュールなどを検討できるので、それはそれで便利なのだが。交易品を運ぶ権利も副官に譲るので、儲けがゼロで経費だけがかかる。定期船の方が割安ではあるが、定期船の無いところで利用できるのが大きな利点だろう。

 昨日は、トラブルでアカデミー大会に参加できなかったが、今日は間に合うようにヴェネツィアに向かうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副官、船を操る

 最近はカリカットへ向かう際に、副官に船を任せている。本人の訓練にもなるのではあるが、船を任せる以上それなりの手当てを出す必要がある。

 それでも、こちらとしても船を任せて、その間に休息や次の冒険の工程の検討などなどに取り組むことができるので、それなりにメリットはある。まぁ、冒険ギルドの依頼だけだと、足が出てしまうのだが。

 最近、魚を捌くことを覚えた。今までは釣ったものは、相棒に任せていたのだが、これがなかなか面白い。タラくらいは簡単に捌けるようになった。早くマグロでも捌けるようになりたいものである。

 これから、発展したと耳にしたペルナンブコに行ってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年7月 »