« 安全海域 | トップページ | 太平洋横断 »

子爵叙任

「あら、お仕事が終わったんでしょう。顔を見ればわかるのよ。」ミュリネーがラムの入ったグラスを差し出しながら微笑んでいる。
「ああ、いつものとおりヴェネツィアの冒険ギルドまで報告を頼むよ。」
「分かったわ。ヴェネツィアに行く船に預けておくわ。それで、これからどうするの?」
「あそこのギルドの仲介依頼人に聞いてみるか。」酒場の入口近くに立っている男を振り返る。
 ミュリネーが彼のほうを見やったが、その男は肩をすくめたようだ。「どうやら、ギルドからの新しい依頼はなさそうよ。」
 ふうむ。「それじゃ、ここで飲み明かすかな?」
「ほんと?」さすがミュリネーは言葉では嬉しそうにしているが、表情は変わってない。
「いや、インドの沈没船の地図を発見したんだ。それにイングランドがカリカットを狙っているらしい。久々にインドへ行くのもいいだろう。」
「イングランド海軍と戦うの?大丈夫なの?」
 ミュリネーは心配そうに隣にいる相棒を見やる。隣にいるのはイングランド国籍のアルフレッド船長だ。もう一緒に艦隊を組むようになって4年近くなる。アルフレッドは聞こえない振りをしつつ、マスターのフルコースを堪能しているようだ。まぁ、問題があれば…その時はその時だ。

 そして一週間後、私はカリカット市長バイレの前で指令を受けていた。最近イングランドは元気がなく、ハンブルグをネーデルランドに取られ、インドのセイロンも我がポルトガルが優勢になっている。ロンドンでは大型の商会が一つ潰れているようだ。それでも今回はヴェネツィアとあのオスマントルコと連合を組んでカリカットを攻めてきた。オスマントルコとまで組むとはなりふり構ってられないのだろうか。相棒のアルフレッドは知らん振りを決め込んでいるようだが…。
 今回の防衛線は、ディブからセイロンまでのインド西岸だ。我々の艦隊はカリカットから北側の海域を主に防衛線を張ることにした。
 カリカットで即席の艦隊を編成したのだが、機動力を活かしたヒット&アウェイの作戦が上手く行き、ほとんど沈められることもなかった。しかし、敵は数も多く、前半から中盤にかけてはこちらが優位にたっていたものの、後半は敵が盛り返してきてなんとか耐え忍んだ形となった。

 海戦終了後、市長バイレのところへ報告に行ったところ、今回の戦いぶりが評価され本国にて受勲を受けられることになった。ディエゴガルシア島付近でのサルベージ、マダガスカルを経由し、サントメ付近でのサルベージを経てリスボンへ帰国した私をブラガンサ公爵は待っていた。

 港に着くなり王宮への呼び出しの連絡がやってきた。身なりだけは即席で整え商会による暇もなく、王宮に参上した私に公爵は、子爵を叙任された。
Photo

|

« 安全海域 | トップページ | 太平洋横断 »

「大航海時代Online」カテゴリの記事

コメント

子爵、おめでとう!!

投稿: 真名 | 2009.03.26 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47673/44419817

この記事へのトラックバック一覧です: 子爵叙任:

« 安全海域 | トップページ | 太平洋横断 »